読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月22日 OVER THE TOP 発売!①

 

世間の人たちからしたら平成生まれなんてまだ子供だろうか。
これだからゆとりはで片付けられてしまうんだろうか。

 

そんなゆとりにもそれなりにいろいろあるし、JUMPの10年だっていろいろあったのだ。
そのいろいろを踏まえて10年目の決意表明を歌っているのがOVER THE TOPである。

2月22日はJUMPに関するトピックスが多い1日だった。

 

まずは山田さんのテレビ誌でのコメント。買ってないのでざっくり要約する。10周年イヤー第一弾シングルを記念してデビュー当時の自分と今の自分について2~3文くらいずつのコメントが載っていた。山田さん「あの頃:14歳の時に初めての連ドラで自分の生きていく道に覚悟を持った。今:人の道に反するようなことは絶対しない。外野の声に惑わされずに信じてついてきてほしい」
ハッとした。何のことを言っているのかわかる人にはわかる内容と絶妙な言葉選び(上の「」ではあえて違う言葉を使った)に一瞬時が止まった。
良い事も悪い事も本当のことも事実とは違うこともその気になれば何でも知れてしまう時代である。ただただ純粋に好きなアイドルを好きでいたいのに、勝手に恋愛とか裏の顔とか本当かどうかわからない噂に不安を煽られて水を差される。だから私は週刊誌やゴシップ系のネットニュースが嫌いだ。
今年はそういうこととは無縁の1年にしたいと思うしJUMPのメンバーにもつけ込まれるようなことはしないでほしいと願っている。
山田さんの言葉で私の中の霧は晴れた。もちろん私が思ってることと山田さんが言いたいことが違う可能性もあるが、それでも良い。アイドル・山田涼介を信じてついていこうと心に決められた日になった。

一方、今日発売の雑誌で元メンバーの龍太郎が当時についてかなり赤裸々に語ったという。
以前からTwitterでの発言などから、例の件を反省しており申し訳なさを今でも感じ、離れた今もグループをメンバーを大切に思ってるという気持ちが届いていたので、私はもうそれで十分だろと思っていた。
例の件の影響でグループのイメージダウンは否めなかったし、まだ半分が10代のグループが背負うには重い一件だったように思う。
ただ試練にしては重すぎたものの、残った9人を強くする機会の1つには確実になっただろう。
もう少し時間が経った時、いつか10人でもう一度笑える瞬間を迎えられたら、その時を心の片隅で楽しみに待ちたいと思う。

 

長くなったので本題のOTTについて次に続きますヽ(´ー`)

サヨナラの意味

 

橋本奈々未乃木坂46である時間が残り僅かとなってしまった。

 

16th選抜発表とななみんの卒業&引退宣言からあっという間に時は流れ、私の中の乃木坂46の位置付けも変わったものの、好きなアイドルグループであり、橋本奈々未乃木坂46を語る上で欠かせないメンバーの一人である。

 

お金の為にアイドルになった。家族の生活が安定したからアイドルをやめる。ななみんが語った一見夢も希望もないようなシビアなアイドル志望理由に世間は騒ついた。賛否両論。それはそうだろう。ファンはアイドルの夢に投資しているのだ。アイドルの家族を養いたいわけではない。いつかグループがメンバーが大きな花を咲かせられるように。その一心なのである。

 

一方で長く或いは深く、乃木坂46やななみんを見ている人は結局納得してしまったことだろう。なにせ、彼女は芸能界になればロケ弁が食べられるという理由をドキュメンタリー映画で語っているのだ。歌手になりたかったわけでも女優になりたかったわけでもない。生活するためにアイドルになった。

乃木坂46というグループは決して芸能界に憧れを持って入ったメンバーばかりの集まりではない。ななみんを含め、自分に自信が無く、自分の居場所を探し求めて辿りついたメンバーが多くいる。そしてそれが乃木坂46というグループの色に影響を与えてきた。

 

16作連続選抜&福神メンバー入り、内10作でフロントメンバー、ラストシングルでセンター。決して丈夫ではない身体で、ななみんはこの5年、デビュー当初からグループの中心メンバーとして働き、グループの人気の上昇に貢献してきた。私が初めて可愛いと思った乃木坂のメンバーもななみんで、月9放送時には名前を調べて、初めて乃木坂46のメンバーとして認知した(しかし当時調べて出てきたプリクラ事件によりこの時点ではファンになっていない)。

白石麻衣松村沙友理と共に"御三家"と呼ばれ、お姉さんメンバーとしてメンバーからも慕われた。クールで知性的な雰囲気が美しいが、同時に"プク顔"などの可愛い一面(乃木のの・プク顔選抜センター)も持ち合わせており、我々は何度魅了されたかわからない。

 

そのどこかアイドルらしくない雰囲気からか、かれこれ2~3年くらい卒業フラグが立ち続けたが、ついに本当に彼女は卒業してしまう。決して長くないアイドルとしての寿命。ファンは長いロスに苦しむだろうが、彼女自身はこの5年で全てをやりきったことだろう。

 

ななみん、アイドルになってくれてありがとう。乃木坂に入ってくれてありがとう。

あなたがいた乃木坂を応援できてすごく楽しかったです。

5年半、本当にお疲れ様でした。

これからのななみんの人生にもたくさんの幸せが溢れますように。

目の前にあるのは壁じゃなくて扉

 

今年の自分への貢物:JUMPing CARnivalコンDVD

 

やっと観れた~‼︎

 

長いことジャニーズのファンをやっていながらコンサート参戦歴はZERO~なのですが、私は映像で十分満足できる人間であり、今回も良い買い物したなぁと感じている。

今まで嵐さんしか観たことなくて、JUMPファンに戻ってきても実はライブをまともに観たことがないことに気づいて去年からずっと欲しかった念願が叶った。

 

私はJUMPing CARのアルバムは持ってなくて、ずっとアルバムを聴いてきたsmartと悩んだのだけど、結局サイトのオススメ1位だったCARnivalを選んだ。

1位納得。JUMPが気になって観た新規さんは間違いなく彼らの虜になるだろうし、長年のファンも十分楽しめる最高のセトリ。

1曲1曲が完璧でいちいちかっこよくて可愛くてラストまで観たらリピートしたくなるライブ。

 

このライブで一番印象的だったのは7ソロメドレーからの『ただ前へ』。
メドレーの曲はまさに私が好きだった当時の曲ですごいセンチメンタルになった。過去の映像をバックに歌う姿はちゃんと大人になっていて歌も上手くなっている。
7の4人は一つ年上で、そういう意味でも当時から思い入れがある。
龍のこと、やまゆとの関係、初期のキャリアの差などなど様々なことを乗りこえて、4人向かい合う姿、その背中が頼もしくて、その笑顔が眩しくて。

ただ前への等身大の歌詞が自分とも4人とも重なって、同じ時代に生まれて出会えて幸せだなってしみじみ感じた。
JUMPとはまた別で7というグループが好きだなって思う場面だったし、今年は10周年だから良いけど、来年以降に7コン&BESTコンをやってもいいのでは?とも思う。

1人1人がちゃんと力をつけた今、JUMPとはまた違った面が見られるんじゃないかな。

 

あとはもう私が『愛よ、僕を導いてゆけ』を好きすぎる問題。

頭から離れない率No.1!良い意味では壮大、逆の意味では激重い歌詞とメロディのバランスが絶妙。

全員真っ白の衣装とそこによく映える赤いスカーフが“僕”に目覚めた愛を表しているようであり、メンバーの切なげな表情にぐっと引き込まれる。

極め付けが山田さんの「愛してる…」からの大サビ伊野尾→有岡→山田のソロパート。たまらん…‼︎私のJUMPで好きな声TOP3並んでる…‼︎神様ありがとう…‼︎(大袈裟)


このライブからわかるのは今じわじわと確実にファンが増えている理由。
可愛いに対して抵抗が無くなり、格好良いに対して背伸びしてる感がなくなった、良い意味で肩の力が抜けて自分たちらしくやればいいという心の表れが見える。
需要と供給のバランスの取れなさにモヤモヤとしてしまっていたあの頃のような気持ちはもうない。
彼らが堂々とこれが自分たちなんだと言っているような清々しさが嬉しい。

 

とにかく休日の度に朝から再生しちゃうくらい中毒性高すぎるコンサートDVDで嵐さんでもなかなかこんなことない。

唯一の欠点が通常盤はいろいろぎゅっとされてるせいで、まだ食べれるのにもうごはん終わり⁉︎みたいな若干の物足りなさを感じてしまうので、DEARが発売されたら絶対初回盤を手に入れると心に誓った。

 

 

 

 

わたくしごと

 

前回の更新から2ヶ月も経ってしまった!!

 

もちろんその2ヶ月の間に更新しようと何度も思ったが、どれも最後までたどり着けないで消したりとりあえず保存したりで終わっている。

私らしいと言えば私らしいが、これではブログをやっている意味がない。

Twitterの影響もあるだろうか。趣味アカにパッと呟くことで満足しているところもある。

 

私ごとではあるが明後日一つ歳をとる。

他人からおめでとうを言われたりプレゼントをもらったり、そういうのが欲しい願望は一切ないが、節目的に自分に貢ぐことを年末ぐらいから考えている。

1月の誕生日を利用してまた1年頑張って生きる活力を補給するイメージ。

 

私の気持ちは変わりやすいからあくまでこれは今の気持ち。

やっぱりお金は大事。

高いものなんて要らない。だけど生きていく為に必要なもののほとんどはお金と引き換え。

身もふたもないが、大好きなアイドルの笑顔を眺めるのもタダじゃない。

 

とにかく収入を途切れさせないこと。

そうして生まれる安定した生活が心に余裕を生み、人に会う勇気に繋がると思う。

 

大抵の人にとっては当たり前のこと。でも私にとっては頑張らないとやっていけないこと。

1歩でも2歩でも進んで、来年の誕生日は今年よりも良い貢ぎ物ができますように(´-`)

年末歌番組

もうずっとカインとアベルについて書きたいと思いながらも、いざ書こうとすると優くんが美しいとかかっこいいとか可愛いとか気持ちが高ぶりすぎて薄っぺらい文章になりそうなので最終回後に総括する。

 

欅坂の二人セゾンも語りたいけど、上に同じく好きすぎて言葉がなかなか見つからない状態。

 

というわけで、今年ももう残り約40日。年末といえば、歌番組。ベストヒット→ベストアーティスト→FNS×2週→MステSLと来て、大晦日の紅白からのカウコン……高まる。。。

 

FNSまでは出演者が発表されましたね。坂道が2週両方出させてもらえるみたいで。ファンとしてはたくさん観れて嬉しい反面、プロデューサーが変わったことで少し緩和された生歌主義に無駄にドキドキさせられる番組でもある(夏まつりの時のは言いたくないけど事故。歌を歌う仕事なんだからそれなりに準備させろよって思う)。

 

乃木坂ちゃんはまずサヨナラの意味でしょう。

欅ちゃんは今年って言ったらサイマジョだろうけど、二人セゾンも観たい。FNSは2週出ればチャンスもあるかなって期待してます。

 

JUMPはFNSで絶対Give Me Loveでしょう‼︎マスト‼︎他でメドレー歌わせてもらえるんだったらもう一つはファンタスティックだろうなぁ。ベスアのドラマメドレーではウィークエンダー観たい!

 

 

さてここからは紅白の話をしよう。

司会の相葉ちゃんと有村架純ちゃん、すっごく予想外だったけど今はとにかく楽しみ。1クール兄妹を演じた2人だから仲は悪くないだろうし、力を合わせてやりきってほしいと思います。

 

いろいろな所で出場者の予想がされていますが、私が気になるのは次の3つ。

①乃木坂は連続出場とAKB以外の48姉妹グループの行方。

②欅坂、デビューイヤーに初出場なるか。

③恐らく出場しないSMAPのジャニーズ1枠はどのグループが手に入れるのか。

 

まず①。乃木坂は出ると思う。48姉妹グループと比べても圧倒的に売れているし、今月9日リリースのサヨナラの意味はグループ史上初のミリオンを記録した。このシングルをもって芸能界を引退するななみんへの"はなむけ"の一つとしても是非出場して歌ってほしい。

すると、気になるのはSKE、NMB、HKTである。②も絡めてしまうが、CDの売り上げ、MV再生回数などで比べても既に欅坂は彼女らの上を行っている状態である。この3グループのうち去年出場したのはNMBのみ。そのNMBも歌唱曲はAKB名義の365日の紙飛行機だった。大ヒット中だった朝ドラの主題歌。ドラマの舞台である大阪を拠点に活動している縁などからの起用であっただろう。

秋元グループに何枠与えられるのかは確かじゃないが、3枠が限界だと思われる。

この半月程、ハロウィン衣装問題と合わせて欅坂の名前が世の中に広まっしまった。NHKはそういうの敏感そうだからタイミング悪かったなぁと思う。

③!報道が出ました。KinKi Kidsさんみたいですね。順当。20周年の記念イヤーだし、ジャニーズファンでない人でもキンキやキンキの曲が好きな人は多いと思う。やっぱり硝子の少年は聴きたいなぁ。

そうなると自然とないの分かるけど、ファンの私的にも今回JUMPは出ないに一票。例年KinKi Kidsが行っていた東京ドームでのカウコンを挟んだ大晦日と元日のコンサートを、今年はJUMPがやる。JUMPにとってはこれはこれで十分なチャンスである。去年は京セラドームと、カウコンでは中継会場だったが、今年は本会場。他のグループとも絡めるし、テレビからたくさん観れるのが嬉しい。

 

ジャニーズの話をしてたら紅白からカウコンの話になってしまった。

そうなると今度は司会が誰なのかとか、相葉ちゃんが司会の嵐さんはカウコンに参加してくれるかどうかとか、気になることは尽きない。

 

紅白にせよカウコンにせよ、これからの公式による発表を楽しみに待ってます(=゚ω゚)ノ

 

 

 

 

9th anniversary

 

あれからもう9年も経つのかと思うと非常に感慨深い思いがします。

 

最初の方のブログに書いたかもしれませんが私は一応デビュー時からのファンです。

デビュー2年目に出た写真集も持ってて、当時インフルエンザ明けに自転車で20分くらいかけて買いに行ったりする程、毎日JUMPのことばかり考えてる様な中学生でした。

でも中3で嵐さんに出会い、少しずつJUMPファンの心を失い、高3の頃にはもう追いかけなくなりました。

 

でも2年前にアルバムsmartがどうしても欲しくなり、この1枚のアルバムからグループの変化を感じました。

1stアルバムの頃の偏りまくった歌割りが平等になっていたり、曲のジャンルも増えてどんな曲もはまってる、そういう変化。

それでもその時はそれで終わりで再びファンになるつい最近まで2年かかりました。

 

その2年の間にもさらに成長しましたね。特にいのちゃんの活躍にはただただ驚いてます。

初期の頃からいのちゃんの歌声が好きだったけど、当時はまだシングルでソロパートはほとんどなくて、正直地味な存在だったから。

だからこそ、今あの頃よりもたくさん伊野尾ソロが聴けるのが単純にすごく嬉しいです。

 

という感じでいのちゃん個人について書くと他も全員語りそうですが、今の私はそれができるほど9人全員を知りません。

今はひたすら山田涼介のファンを再開して楽しんでいる日々です。

あの頃の私は恥ずかしいくらい盲目的に山田さんが好きでした。というか、そうでないと生きていられなかった。

でも逆に言えば、今もこうして生きていられるのは山田さんとJUMPのおかげです。

担降りという申し訳なさ極まりないことをしましたが、当時私の心を支えて頂いたことはずっと感謝しています。

そしてJUMPファンに戻ってきた今は一層その思いが深まっています。

 

戻ってきて見る今のJUMPは、一つのグループとしてのまとまりが強くなったように感じます。

そこに至るまでの道のりをいろいろ見逃してるんだなと思うと悔しいし、9年見逃さずにきたとびっこの皆さんを尊敬します。

 これから少しずつその見逃してきた部分を穴埋めしながら振り返り、お祝いしていけたらなと思っています。

 

いよいよ10年目。

10年目というと私が嵐さんのファンになったのが嵐さんの10周年の時で、まだデビュー2、3年のJUMPの10周年はどんななんだろうと考えたりしてました。

あの頃の私の拙い想像なんかをはるかに超えて、メンバー個人個人が活躍してる姿が嬉しいです。

特に山田さんの月9主演が嬉しい。いろいろ厳しい評価もある様だけど、持てる全てで最後までやりきってほしいと思います。

 

改めてCDデビュー10年目突入、おめでとうございます。

忙しい日々だと思いますが、体に気をつけて、これからもHey!Say!JUMPらしく飛躍し続けてください。

 

 

17th anniversary

 

嵐さん、デビュー17周年おめでとうございます。

 

2016年も残り約2ヶ月となりますが、相変わらず各方面で皆さんが愛された1年だったように感じます。

 

6年振りのカウコンの司会、Japonismのドーム・アリーナツアー、3枚のシングル・アルバム『Are you happy?』のリリース、個々のドラマや映画…

二宮担(久しぶりに使う)としては、日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞受賞が何よりも嬉しかったです。演じる二宮さんが好きだから、こうして目に見える評価を受けて目を潤ませる姿に、ファンとして幸せを感じました。

 

アルバムも正直前作より好きです(ホント正直言うと)。肩の力を抜いて聴ける感じでありながら、すごく考えて作られてることが分かるアルバムで、またもう一段階嵐さんを好きになりました。

クールにかっこ良くキメる嵐さんも好きですが、楽しそうに笑う和やかな嵐さんがやっぱり我々は大好きなのです。

 

 

今年は、年明けからジャニーズに激震が走りました。

先輩グループSMAPの年内解散が決定。

ジャニーズファンでなくともショックを受け、解散を惜しむ声が世界中から届きました。

 

SMAPでも25年で終わってしまう。

世の中、始まりがあれば終わりも必ずあるものです。

ただ私はこれまで一度も嵐の終わりなど、考えたこともなかったことに気づきました。

 

「5人でいる、ずっといる。」「ずっと5人でいよう。」

節目節目で嵐さんはこんな言葉を口にします。

そして私たちはその言葉を信じて、5人について行っているのです。

活動していく中で、メンバーが減ることも少なくないジャニーズにおいて、デビューから17年同じメンバーでやってきたグループです。

 

17年という日々をグラフで表すと、今は2007年から急上昇した勢いも少し落ち着いてきたという頃ではないでしょうか。

もちろん今だって人の数倍働いている様子に変わりはありませんが、10周目前後の様なバブル期的な雰囲気ではなくなり、人々の心の中やメディア、社会の中に、嵐というグループと5人のメンバーの存在とポジションが定着したように思うのです。

ドラマの主演、CM出演、バラエティのレギュラー番組、音楽特番の司会などなど、嵐さんなら安心という空気感が漂っているように感じます。

それと同時に後輩たちが、その速度を増して追いかけてきている足音も聞こえている今日この頃ではないでしょうか。

もちろん、いくら平和なグループ嵐さんとて、そう安安と席を譲られるとは思いません。

まだまだ進化して、私たちに新しいものを魅せてくれることでしょう。

 

今、嵐さんに願うのは1日でも長く5人で嵐でいて欲しいということです。

週に一度か二度、レギュラー番組で観られる笑顔が大事なんです。

1シーズンに一度くらいの2時間SPも嬉しいけど、1時間のレギュラー放送がないとやっぱり寂しいのがファン心です。

 

それでいて、5人それぞれが幸せでいて欲しいということです。

これが自分の幸せなのだと堂々と笑ってくれるなら、一人の人としての幸せもちゃんと見つけてほしい。

ただやはり、自分がアイドルであること、自分たちに夢を見ている人がたくさんいることを覚えておいてほしいです。

そんなこと私が言わなくても分かってるって怒られそうだけど、やっぱりあの件は痛すぎました。(事の真相云々は置いておいて)

アイドルだって人間だけど、一方でそれが仕事だから。

幸せの形は様々ですが、私たちは"嵐さんから生み出される幸せ"を受け取れればそれで十分です。

 

18年目の嵐さんもただただ楽しみです。

これからも嵐さんらしく進んでいってほしいと思います。