#二宮和也誕生祭


二宮さん34歳のお誕生日おめでとうございます。
嵐さんのグループメールでもおめでとうが飛び交ってるのでしょうか?一度でいいからその画面を見てみたいものです。

この1年の二宮さんについて思い返すと、どうしても避けて通れないのが夏の一件です。結局の所、何が本当で何が嘘かよくわからないままフェードアウトしましたが、いろんな人が大なり小なり傷ついたことは事実で。私も二宮さんと相手を批判した一人で。でもその時に思ったことは撤回はしません。私たちは親でも家族でも気心の知れた友人でもないけど、ファンというのは勝手に自担の幸せを願ってしまう生き物だから。
そんな風にいろんな噂や声が飛び交う中でも二宮さんは淡々と日々お仕事をされてるように見えました。報じられたことが本当でも嘘でも精神的消耗はあったと思います。実際に秋頃には痩せたとか体調が悪そうだという声も聞こえました。
秋頃と言えば、私は山田さんやJUMPに対する熱を再燃させていた時期でしたが、10月に受け取ったアルバム、二宮さんのソロ曲に殴られます。初めて聞いた時の感想は"完敗"。アルバム発売前に歌詞が出回っていてそれが例の彼女への未練みたいに言われてて、でも私は発売まで見ないようにしていて。勝手に虹とかそれ君路線かなぁなんて思ってたせいかな?殴られた。負けた。浅はかな私たちが負けた。無駄なものを全部削ぎ落として、静かで繊細だけど心の琴線にバシバシ訴えかけるような攻撃。もちろんこの解釈も私の単なる想像でしかありません。でもこの曲がある限りもう私は二宮担を降りることはできないと思いました。

11月にラストレシピ、来年には木村先輩との検察側の罪人が決まってますね。俳優・二宮さんは大好物なのでどちらも楽しみです。キムタクとの共演もただただ楽しみでしかなくて、同じジャニーズで俳優でも赤と青みたいに違う二人が一緒になるとどんな化学反応が起こるのか、思いっきり期待して待ってます。

JUMPのメンバーを可愛がってくれているようでありがたいです。ほぼほぼゲームなんでしょうが、仲良くメールしたり、バラエティで共演すれば見守ってくれたりイジってくれたり。年上でも同世代でも年下でも上手くコミュニケーションをとって関係を築いていけるところは相変わらず大尊敬です。

と、ここまでを実は結構な日数をかけて書きました。
ここからが本当に6月17日。今日はいろいろあってどこか全力で6月17日を過ごした感がなくて。JUMP担に戻ってから最初の6月17日。SNSを開けば二宮さんを祝う言葉が溢れていて嬉しいのと同時に自分は祝いきれてないと焦りのような気持ちがしてしまっているのです。
ももう今日はもうすぐ終わってしまう。だから、映画を中心にここからの二宮さんのお仕事を出来る限りリアルタイムで追いかけます。JUMPの10周年も全力だけど二宮担も全力でやる。

改めて、お誕生日おめでとうございます。お身体に気をつけて素敵な1年をお過ごしください。

Hey!Say!JUMP 初期の推し曲

DEAR円盤の熱も落ち着き(2~3日に1度は再生ボタン押してるけど)山田バースデーにツアー開催が発表された。在宅派としては会場とか日程とか特に気にしない分、関係者並みに、いや気持ちだけならそれ以上に、気になるのはセトリ一択!約1年後の円盤化に向けて、今のJUMPに歌ってほしい初期の曲たち。さあ、届け!

  • Star Time

デビューシングル収録。バラードver.もオリジナルも両方好き。星とか地球っていう歌詞の壮大さがUMPとの繋がりも感じさせる世界観。「巡り会えた時を思う」「輝きの一つとして僕らは星たちの下で歴史を刻む」もちろんJUMPとの出会いのタイミングは人それぞれ違う。しかしあくまで当時、デビューを機に10人集まったHey! Say! JUMPと私たちが出会って、さあこれから一緒にグループとして成長していきましょうというようなメッセージ性も感じる。まだ青さの残る歌詞とシンプルなメロディ、大人になった今のJUMPで聴いてみたいな〜。いのちゃんのピアノ伴奏もお願いします!

  • Your Seed

3rdシングル。2ndまでの少年ぽさから、カッコイイへと路線変更の第一弾。カンフー調の曲と振り付けも良いのだけど、私が推したいのは歌詞!「好きなもの好きと言える勇気だけは手放したらだめだよ」「幸せは何かを追う道があれば感じられるものだよ」のサビ前の歌詞が特に良くて、あぁこれからも堂々と全力でJUMPファンやろう!って気持ちになる(たぶんそういうことではない)。ちなみに、この間の年始魂では久々にやまたかセンターで披露され懐古厨が沸いたようで、じゃあそれまでどういう立ち位置だったのか不明だが、私的にはYSもドリカムもやまたかセンターが当たり前なので10周年ライブではオリジナルでお願いしたい。
3rdついでに言うと両A面の冒険ライダーも好き。単純に明るくて爽やかでJUMPらしい曲。理由は他にない(笑)でもライブで歌ったら楽しそうなのに選ばれない予感しかない。

  • Deep night ~君想う

4th、真夜中のシャドーボーイのカップリング曲。当時のJUMPは若干背伸びしてる感があってそれはそれで良かったけど、今、大人になったJUMPで見たい!絶対カッコイイ!好きなポイントは、ラップからの大サビ前のやまゆと。当時はお互いに複雑な気持ちだった二人。でもやっぱりやまゆとにはやまゆとにしか作れない世界観があって、この曲ではたった4小節だけどそれが詰まっている(涙目)。今年のライブのどこかで歌われた暁には全力で神に感謝する勢い。

  • 二人掛けの場所

6th、ありがとう~世界のどこにいても~のカップリング。発売が冬だったので季節にあったしっとりバラード。好きだけど離れなければならない僕と君を描いた詞が切ない。嵐さんのキャラメルソングや声やBlueなどなど切ない苦しい曲がとにかくツボなのでこの曲もドンピシャ。山田担的にも山田さんの声が似合う曲なのでそういう意味でも好き。夏のツアーでは歌わないのは百も承知。スク革スタジオライブ以外で歌われたことはあるんだろうか…。

  • Hey!Say!

もはやJUMPじゃねぇっす。前身グループ、当時Jr.だった中島、山田、知念、有岡、高木の限定ユニットデビュー曲。私のイメージだとAKBの初東京ドーム公演の当時残っていた1期6人による『Partyが始まるよ』。サビだけでもいい、JUMPも10年だけど旧7も10年なんだ!今を逃したらもうチャンスなさそうだし。でもあれかなぁ?当時からやぶひか担とかあんまりなのかな?でもやっぱり聴きたい!JUMPヒストリーにでも送ってみようか笑

  • ス・リ・ル/ワンダーランド・トレイン

ラストはBESTと7それぞれがデビューして初めてもらった曲。初期のコンサートや少クラで当時何度も聞いたこれらも曲が増えるにつれて過去曲となってしまった。アルバム『JUMP NO.1』収録のScoreとガンバレッツゴーもアツいけど、ガンバレッツゴーは今年の年始に歌ったみたいだし。てかウサギちゃんな7も見たいから年始魂も円盤化してほしい(話それた)。

以上!
NO.1の曲だったらどれでも懐かしい~!って騒げる自信あるし、アルバム曲・カップリング曲もJUMPは良曲多いから全員で考えてるというセトリ、演出が今から楽しみです。古参も新規もみんなでお祝いしたいし、私みたいに一度降りた人が戻ってくるくらいの勢いが今のJUMPにはあるから、そういう人たちも巻き込んでいってほしいなと思う。
山田先生も予習しとけって言ってたし(笑)、降りてた期間の曲も覚えたいな〜。

ずっとかけがえのない人

 

Dear 山田涼介様。

24歳のお誕生日おめでとうございます。あなたが24歳になったということは、私があなたのファンになって、JUMPがデビューした年から10年が経つのだということですね。月日が経つのはあっという間です。

 あなたの好きなところはたくさんありますが、1番はやっぱりその笑顔です。口角がキュッと上がって目を細めたその笑顔を見ると、一瞬で心に幸せな気持ちが満ちていきます。あなたのファンになった中学生の頃はその笑顔を自分だけのものにできたらなんて現実逃避な妄想をしてましたが、今思うのはその逆です。あなたの笑顔がたくさんの人に伝わって、たくさんの人があなたの魅力を知って、あなたのことをたくさんの人に好きになってもらいたい。そうして回り回って、またあなたの笑顔に繋がっていくのだと思っています。

 

芸能界という世界でアイドルという仕事をしていると、きっと私たちに見えている以上に辛いことや苦しいこともあることでしょう。いたジャンで度々苦手なものに挑戦させられていて、我々はその素直なリアクションがかわいくて笑ってますが、自分だったら嫌だなと正直思うんです。

2013年、あなたがソロデビューについて悩み苦しんだことを知ったのは昨年末のことです。全てを捨てようと思うくらいの苦しみが3年経って私の心を絞めつけました。JUMPが苦しかった時期にファンをやめたことすごく後悔してます。「他のグループに行かないで。」この言葉が当時の私にリアルタイムで届いていたら良かったのに。そんなことをたまに考えてしまうんです。だからこそ、今もJUMPのセンターでメンバーと一緒に笑ってる姿を見られることを幸せに思います。残ってくれてありがとう。本当に心から思います。

 

この数年たくさんの作品に参加してますが、一番印象深いのは月9・カインとアベルです。世間の風当たりがそこそこ強かった中、それでもあなたの魅力と努力がこれだけ詰まったドラマはないと思う程おもしろかったです。現に1人の山田担が帰ってきてしまったわけだから笑 優くんが終始愛おしくて、山田さんの細かい視線や表情で魅せる演技が美しくて、主題歌も山田さんの十八番!って感じで。これでもかってくらい山田さんを堪能した3ヶ月でした。

 

ついこの間発売されたDEAR。カメラサービスが満載でたくさん癒されました。楽しい曲でもバラードでもカッコイイ曲でも歌いこなすところも好きです。そして何よりメンバーのみんなと歌って踊る時が一番輝いて見えます。

山田さんはよく、「俺(たち)についてきて」「同じ歩幅で歩いて行きましょう」という言葉をくれます。ゆっくりすぎてこちらがもどかしく感じてしまうような時期もありながら、しかし今JUMPの歩みはその1歩が大きく、油断するとあっという間に置いていかれてしまいそうな速度で進んでいます。

だからこそ、いつかのテレビ誌でのコメントは嬉しかったです。全力で信じてついていけば良いのだと改めて思わせてくれたから。

 

グループとしてもメンバー一人一人としても人気、認知度が高まっている今。私たちが目にする機会が増えているということはそれだけJUMPのみんながお仕事をしている時間が増えているということで。きっと私たちの想像以上に忙しい毎日だと思います。それでも今の山田さんはあの頃よりずっとずっとのびのびと楽しそうです。

通過点でありながらもやはり節目でありこれからに続く大事な1年。お身体に気をつけて(心配しないでって言われてもせずにはいられないんすよ)頑張ってください。さらなる飛躍を期待してます。24歳の山田さんにたくさんの幸せがありますように、心からお祈りします。

 

 

 

 

 

まとまりはないと先に宣言しておく

 

OTTについて書くとか言って実際途中まで書いたけどゴール見えないからお蔵入りだよ!

 

もう5月。次は絶対9日に更新します。だって大事だから。

 

アイドルのファン楽しい!JUMPも嵐さんも他のジャニーズも坂道も。話題が絶えなくて追いつけない。

 

今日すっごく久々にMyojoを買った。大ちゃんの1万字インタビュー目当てで。立ち読みでザッと見ただけでも文字から大ちゃんの温かさが滲み出ていて、これを手元に置いておきたいと思ったのと、やっぱり10周年イヤーの1万字は持っておくべきだろうと。

必然的に9ヶ月Myojoを買う流れができてしまったけど、まあ良かろう。今年のスローガンは『2017年をリアルタイムで』だから。

 

DEARも観た!かっこいいかわいいってキャーキャー言う気持ちもありつつ、やっぱりJUMPのパフォーマンス力の高さに惚れ惚れするところ行き着く。

9人いて9人がダンスも歌も上手いってすごいことだと思うんだ。もちろん最初からそうだったわけではないこともわかっているし、その成長率に魅せられて戻ってきたのだけど、そういうところももっと世間に伝われ~(佐久間一行風に)って思う。

 

坂道の話もしたかったけど疲れたからまたいつか笑

 

乃木坂の新アルバム、生生星の曲楽しみかよ!

三期生は与田ちゃん推しです(*´ー`*)

2月22日 OVER THE TOP 発売!①

 

世間の人たちからしたら平成生まれなんてまだ子供だろうか。
これだからゆとりはで片付けられてしまうんだろうか。

 

そんなゆとりにもそれなりにいろいろあるし、JUMPの10年だっていろいろあったのだ。
そのいろいろを踏まえて10年目の決意表明を歌っているのがOVER THE TOPである。

2月22日はJUMPに関するトピックスが多い1日だった。

 

まずは山田さんのテレビ誌でのコメント。買ってないのでざっくり要約する。10周年イヤー第一弾シングルを記念してデビュー当時の自分と今の自分について2~3文くらいずつのコメントが載っていた。山田さん「あの頃:14歳の時に初めての連ドラで自分の生きていく道に覚悟を持った。今:人の道に反するようなことは絶対しない。外野の声に惑わされずに信じてついてきてほしい」
ハッとした。何のことを言っているのかわかる人にはわかる内容と絶妙な言葉選び(上の「」ではあえて違う言葉を使った)に一瞬時が止まった。
良い事も悪い事も本当のことも事実とは違うこともその気になれば何でも知れてしまう時代である。ただただ純粋に好きなアイドルを好きでいたいのに、勝手に恋愛とか裏の顔とか本当かどうかわからない噂に不安を煽られて水を差される。だから私は週刊誌やゴシップ系のネットニュースが嫌いだ。
今年はそういうこととは無縁の1年にしたいと思うしJUMPのメンバーにもつけ込まれるようなことはしないでほしいと願っている。
山田さんの言葉で私の中の霧は晴れた。もちろん私が思ってることと山田さんが言いたいことが違う可能性もあるが、それでも良い。アイドル・山田涼介を信じてついていこうと心に決められた日になった。

一方、今日発売の雑誌で元メンバーの龍太郎が当時についてかなり赤裸々に語ったという。
以前からTwitterでの発言などから、例の件を反省しており申し訳なさを今でも感じ、離れた今もグループをメンバーを大切に思ってるという気持ちが届いていたので、私はもうそれで十分だろと思っていた。
例の件の影響でグループのイメージダウンは否めなかったし、まだ半分が10代のグループが背負うには重い一件だったように思う。
ただ試練にしては重すぎたものの、残った9人を強くする機会の1つには確実になっただろう。
もう少し時間が経った時、いつか10人でもう一度笑える瞬間を迎えられたら、その時を心の片隅で楽しみに待ちたいと思う。

 

長くなったので本題のOTTについて次に続きますヽ(´ー`)

サヨナラの意味

 

橋本奈々未乃木坂46である時間が残り僅かとなってしまった。

 

16th選抜発表とななみんの卒業&引退宣言からあっという間に時は流れ、私の中の乃木坂46の位置付けも変わったものの、好きなアイドルグループであり、橋本奈々未乃木坂46を語る上で欠かせないメンバーの一人である。

 

お金の為にアイドルになった。家族の生活が安定したからアイドルをやめる。ななみんが語った一見夢も希望もないようなシビアなアイドル志望理由に世間は騒ついた。賛否両論。それはそうだろう。ファンはアイドルの夢に投資しているのだ。アイドルの家族を養いたいわけではない。いつかグループがメンバーが大きな花を咲かせられるように。その一心なのである。

 

一方で長く或いは深く、乃木坂46やななみんを見ている人は結局納得してしまったことだろう。なにせ、彼女は芸能界になればロケ弁が食べられるという理由をドキュメンタリー映画で語っているのだ。歌手になりたかったわけでも女優になりたかったわけでもない。生活するためにアイドルになった。

乃木坂46というグループは決して芸能界に憧れを持って入ったメンバーばかりの集まりではない。ななみんを含め、自分に自信が無く、自分の居場所を探し求めて辿りついたメンバーが多くいる。そしてそれが乃木坂46というグループの色に影響を与えてきた。

 

16作連続選抜&福神メンバー入り、内10作でフロントメンバー、ラストシングルでセンター。決して丈夫ではない身体で、ななみんはこの5年、デビュー当初からグループの中心メンバーとして働き、グループの人気の上昇に貢献してきた。私が初めて可愛いと思った乃木坂のメンバーもななみんで、月9放送時には名前を調べて、初めて乃木坂46のメンバーとして認知した(しかし当時調べて出てきたプリクラ事件によりこの時点ではファンになっていない)。

白石麻衣松村沙友理と共に"御三家"と呼ばれ、お姉さんメンバーとしてメンバーからも慕われた。クールで知性的な雰囲気が美しいが、同時に"プク顔"などの可愛い一面(乃木のの・プク顔選抜センター)も持ち合わせており、我々は何度魅了されたかわからない。

 

そのどこかアイドルらしくない雰囲気からか、かれこれ2~3年くらい卒業フラグが立ち続けたが、ついに本当に彼女は卒業してしまう。決して長くないアイドルとしての寿命。ファンは長いロスに苦しむだろうが、彼女自身はこの5年で全てをやりきったことだろう。

 

ななみん、アイドルになってくれてありがとう。乃木坂に入ってくれてありがとう。

あなたがいた乃木坂を応援できてすごく楽しかったです。

5年半、本当にお疲れ様でした。

これからのななみんの人生にもたくさんの幸せが溢れますように。

目の前にあるのは壁じゃなくて扉

 

今年の自分への貢物:JUMPing CARnivalコンDVD

 

やっと観れた~‼︎

 

長いことジャニーズのファンをやっていながらコンサート参戦歴はZERO~なのですが、私は映像で十分満足できる人間であり、今回も良い買い物したなぁと感じている。

今まで嵐さんしか観たことなくて、JUMPファンに戻ってきても実はライブをまともに観たことがないことに気づいて去年からずっと欲しかった念願が叶った。

 

私はJUMPing CARのアルバムは持ってなくて、ずっとアルバムを聴いてきたsmartと悩んだのだけど、結局サイトのオススメ1位だったCARnivalを選んだ。

1位納得。JUMPが気になって観た新規さんは間違いなく彼らの虜になるだろうし、長年のファンも十分楽しめる最高のセトリ。

1曲1曲が完璧でいちいちかっこよくて可愛くてラストまで観たらリピートしたくなるライブ。

 

このライブで一番印象的だったのは7ソロメドレーからの『ただ前へ』。
メドレーの曲はまさに私が好きだった当時の曲ですごいセンチメンタルになった。過去の映像をバックに歌う姿はちゃんと大人になっていて歌も上手くなっている。
7の4人は一つ年上で、そういう意味でも当時から思い入れがある。
龍のこと、やまゆとの関係、初期のキャリアの差などなど様々なことを乗りこえて、4人向かい合う姿、その背中が頼もしくて、その笑顔が眩しくて。

ただ前への等身大の歌詞が自分とも4人とも重なって、同じ時代に生まれて出会えて幸せだなってしみじみ感じた。
JUMPとはまた別で7というグループが好きだなって思う場面だったし、今年は10周年だから良いけど、来年以降に7コン&BESTコンをやってもいいのでは?とも思う。

1人1人がちゃんと力をつけた今、JUMPとはまた違った面が見られるんじゃないかな。

 

あとはもう私が『愛よ、僕を導いてゆけ』を好きすぎる問題。

頭から離れない率No.1!良い意味では壮大、逆の意味では激重い歌詞とメロディのバランスが絶妙。

全員真っ白の衣装とそこによく映える赤いスカーフが“僕”に目覚めた愛を表しているようであり、メンバーの切なげな表情にぐっと引き込まれる。

極め付けが山田さんの「愛してる…」からの大サビ伊野尾→有岡→山田のソロパート。たまらん…‼︎私のJUMPで好きな声TOP3並んでる…‼︎神様ありがとう…‼︎(大袈裟)


このライブからわかるのは今じわじわと確実にファンが増えている理由。
可愛いに対して抵抗が無くなり、格好良いに対して背伸びしてる感がなくなった、良い意味で肩の力が抜けて自分たちらしくやればいいという心の表れが見える。
需要と供給のバランスの取れなさにモヤモヤとしてしまっていたあの頃のような気持ちはもうない。
彼らが堂々とこれが自分たちなんだと言っているような清々しさが嬉しい。

 

とにかく休日の度に朝から再生しちゃうくらい中毒性高すぎるコンサートDVDで嵐さんでもなかなかこんなことない。

唯一の欠点が通常盤はいろいろぎゅっとされてるせいで、まだ食べれるのにもうごはん終わり⁉︎みたいな若干の物足りなさを感じてしまうので、DEARが発売されたら絶対初回盤を手に入れると心に誓った。